Reclaim the Earth!

農産物の輸出振興

今日から12月です。札幌は雪の朝を迎えました。
そろそろ根雪になって、来年の4月ぐらいまでは雪の中での暮らしです。冬の間は日長時間が短く、ただでさえSTAY HOME な日常なのですが、今年は例のコロナの影響でますます自宅時間が増えそうです。
来年の春、雪が溶けることにはいつもの春に戻っていてもらいたいと切に願うばかりです。

さて、農産物の輸出に関しては以前から重要政策のひとつでしたが、今朝のニュースではさらに具体的な品目と輸出の数値目標(金額)が示されました。今後、ますます日本の農産品を輸出しようという気運が高まるものと思われます。

農産物の生産業、すなわち農業が国の安全保障上もっとも重要な産業であることは言うまでもありません。製造業もサービス業で活躍する人も、しっかりと食べることができないと仕事はできません。また、食品加工業やレストラン、観光業などは食品と大きな関わりを持っています。

日本の人口減少と高齢化は食の消費を大きく下げることになります。これに加え、今年は新型コロナの感染拡大予防で非常事態宣言が発出され、飲食店やホテルの営業が制限されています。人々のマインドも外食を楽しむような雰囲気はあまりありません。課題となっていた食品ロスもホテルの宴会が激減したことで大幅に減少したことでしょう。今年は農産物の消費がかつてないほど減少していると思われ、在庫過剰になっているといいます。

日本人の農産物需要が減少したことに加え、観光等で訪日する外国人もほぼゼロになっています。農産物の在庫がだぶつくと価格が下落するので農家経済にも大きな影響を与える結果となります。あらたな市場として海外というのは当然の成り行きといえます。

しかし、輸出のためには輸送に時間とお金がかかります。ただでさえ国際価格よりも高い日本の農産物を海外で買ってもらうためには、綿密な戦略が必要になると思われます。とくに輸出に適した農産物というのは、示された重点品目に頼らざるを得ないでしょう。

以前、海外のマーケットで日本の牛肉が競合しているのを見聞きしたことがあります。産地、産品の特性を理解し、強く訴求するための「ブランディング」がここでも必要になります。

産地戦略をどう考えるか、グローバルに、そして長期的に考える必要があると思います。