Reclaim the Earth!

新年度への期待と不安

令和2年度。新年度が始まりました。

当社も新しい決算期が始まりました。私が会社を創業して18回目の春になります。でも、今年の春はいつもとは少し雰囲気が違います。

2月末頃から日本でも新型コロナウィルスの感染拡大が懸念されるようになり、私の住む北海道は2月28日に緊急事態宣言が出され、自粛生活が始まりました。

その後、各国から日本への渡航制限がなされ、日本も多くの国からの入国ができない状況にあります。札幌の私の事務所の近くの狸小路には、いつもたくさんの外国人が歩いていましたが、今は、日本人を含め往来する人はほとんどいなくなってしまいました。こんな状況が1ヶ月以上も続いています。

多くの業種、とくに観光や飲食に携わる人たちは売上が激減しました。あれほど予約がとれなかったホテルはどこも空室。最近では休業するホテルもでてきました。飲食店はどこもガラガラです。

当社は少数のクライアントに支えられていて、今のところはなんとか凌いでいますが、この状況が長期化すると、クライアントの売上にも影響を与えまると思われるので心配です。

こんな状況でも事業を継続できるアイディアをなんとか絞り出さなければなりません。

下の写真は、この1月の初めにバンコク近郊のシーラチャ・タイガー・ズーに行ったときに撮影したものです。このときは、新型コロナウィルスは中国だけのことだと思っていました。バンコク市内でも大勢の観光客、特に中国人団体観光客がいました。

今は、バンコクはロックダウンの状態にはいっています。タイ航空も今月いっぱい全便休便を決めたとのこと。札幌バンコク便は10月末まで運休だそうです。

航空貨物にも影響がでてきました。
政府は昨日、2030年までの農産物の輸出目標を5兆円にすると発表しました。日本の人口が減少し、海外からの安価な農産物の輸入が増加するなかで、日本の農業を維持するために、海外マーケットをターゲットにすることは重要なことです。しかし、今回のような事態が起きた場合、国際物流が止まってしまい、場合によっては国内への食料の供給にも影響を及ぼすかもしれません。

新型コロナウィルスの流行の収束の見通しはいまだつきませんが、このさき、ワクチンが開発され、収束したとしても、コロナの前に戻ることはないと思います。多くの人たちの価値観が代わり、新たな時代を迎えることになるでしょう。

我々はそれをしっかりと見極める必要があると思います。
パラダイム・シフトの起こった世界で、どのような生き方ができるかを。