Reclaim the Earth!

農産物や産地の論理的なブランディングができていますか?

私は土づくりなどを専門とするエンジニアです。
農産物やその加工品を生産するプロセスに関与することが多いのですが、農業もビジネスということを考えれば、その後のセールスやプロモーションまでにも関与することが多くなります。

最近では、GI(地理的表示)制度などが法制化され、農産物のブランド化の体系的な構築の方法論も充実してきました。しかし、一方で、ブランドは、マークや名称(とそれに伴うロゴタイプ)と考えている人が多くいます。

”ブランド” の語源は、”焼印”という意味で、かつて自分の家畜と他人の家畜を区別するために家畜に印をつけたことだと言われています。そういう意味では、ブランドとは”区別”を目的として、記号(印)をつけることですから、ブランド=マーク(記号)というのは間違いではありません。

しかし、最近では、ブランディングは単なる”区別”ではなく、”差別”と捉える場合がほとんです。”差別”とは、”区別”した上で、何らかの比較優位性を付加することです。

何について ”比較優位” を得るべきかは、誰にどうやって”認めてもらうか”によって異なります。色だったり、形だったり、味、香り、価格、出荷時期など、誰、つまり顧客に要望によって異なるはずです。

タイトルにある「論理的なブランディング」とは、自らの製品(農産物や産地)の比較優位性を定義して、対象となる顧客に、他の製品と明確に区別し、その内容を認めてもらい、選んでもらうことです。

ブランディングをただのマーク(記号)による区別化としている事例として、製品や産地(農場)に、かっこいい名前をつけたり、ロゴマークを開発したりする人がいます。もちろん、ネーミングやロゴマーク開発はすべきなんですが、論理的なバックグラウンドがないと、自己満足に終わってします場合がほとんです。

実際に、よく知られた有名な産品であっても、そのセールスを手がける生産者や農協等の担当者に、「この産品の特性は何ですか?」、「どんな人に買われているのですか?」という問いに答えられない場合も多くあります。そういう場合、名ばかりが先行して、中身が伴っていないんですね。

私は、生産のプロセスから関わることが多いので、産品に対する生産者の思い入れや技術的な差別性などを知っています。それらの特性をどのような表現でお客様に伝えるべきかを考える機会が多いのです。

ぜひ、「論理的なブランディング」をお考えください。