Reclaim the Earth!

人もまた生態系の一部か?

札幌市南区でのヒグマの出没を解説するテレビのニュース

しばらくぶりの投稿になります。

8月3日ごろから、Webに採用していたブログのシステムのエラーでサイトにアクセスできない状態になっていたのを今日になって気づき、修復ついでに投稿してみます。(あまりにもしばらくぶりなので、投稿の入力インターフェイスまでいつの間にか変わっていて、戸惑っています。)

最近の関心事は上の写真の件。私の自宅近くでヒグマが頻繁に出没し、テレビ等の取材にも恐れることなく、住宅街を闊歩しているということです。夜になるとパトカーが周辺住民に外出はしないよう呼びかけていました。

今朝のニュースでは住宅街にヒグマがあらわている様子を生中継していました。同時に複数の地点で目撃されていることから、複数のヒグマが山から住宅地に降りてきていると思われます。
今日は燃えるゴミの収集日でしたが、生ゴミは出さないように。とか、不要不急の外出は控えるように。と呼びかけられていて、いよいよ周辺住民の生活にも影響ができてきました。私のジョギングコースが近くの山林沿いにあって、ヒグマが出るんじゃないかと不安なので、しばらくジョギングは控えるようにします。

私もこの地域に子供の頃から暮らしていますが、昔(40年ほど前)はヒグマが近くに出たなどと聞いたことはありませんでした。この数年ほどは、ヒグマの目撃情報などが報じられるようになっていましたが、普段、めったに見ることがないヒグマが住宅街に来ようとは考えられません。

ヒグマの住む山に食料がないのか、個体数が増えすぎてしまったのか、あるいは温暖化などの気候の変化など、何か環境的な要因もありそうです。

住宅街では鉄砲などは使えないようで、札幌市ではワナを設置するなどして捕獲、駆除に乗り出そうとしているようですが、家庭菜園のトウモロコシやプルーンに味をしめたヒグマが簡単に捕獲されるとは思いません。

ネットニュースのコメント欄では、駆除について”ヒグマには罪がない。”、”かわいそう” などのコメントがありますが、近隣住民の不安は募ります。また、子供たちも今は夏休みですが、来週あたりから学校も始まります。安心して登校できるよう対策は急がれます。

札幌のような大都市においても、野生動物と人との共存のあり方が問われています。そもそもヒトも動物であり地域の生態系を構成する種のひとつであったという原点に立ち返り、今のヒトの暮らしが、知恵と文化で武装することで、生態系から締め出された存在であること。農業といういう手段で他の種を飼いならすことで弱い人間が地球の生態系の頂点に君臨し、文化の発展が環境を破壊し、経済を混乱させていることを、広い宇宙からの視野で考え直す機会なのかもしれません。