Reclaim the Earth!

守るべきは農業か農家か

 私がこのような仕事をして常日頃、気になっていることばに「農家を守る」という言葉があります。多くは行政などの公的な立場の人や農業団体関係者、政治家が発することが多い言葉なのですが、どうにも違和感があります。ただ、あまりにも聞き慣れていて「そういうもんだ」と思い込んでいるところがあるかもしれません。

 日本は国の食料保障や安全保障、国土の保全など根幹的な認識として農業という産業をしっかりと守り、育てていく必要があると思います。その担い手となるのが農業者(農家)であり、農業者は国の基礎的資産である農地の生産性を高め、農業という産業の振興に努める。農業者はそういった理念、職業観をもって従事しなければなりません。そのためには国は補助金等でしっかりと支える。、国民も理念に基づいたその税の使い方に同意するべきだと思います。

 日本の農業を守るために、不用意に国際競争に晒されないようTPPにも基本姿勢として反対するのは筋が通っていると思います。しかし、日本の農業が守る必要がないほど強くなればTPPには賛成するでしょう。今はTPP参加諸国に比べて農業の産業力が低いのでこれに参加すると日本の農業が潰されてしまうから反対なのです。と、私は考えます。

 つまり農業は他の産業と比較して、これまでは弱かった。だから守らなければならなかった。戦後の高度経済成長で製造業は急速に発展しました。国内に資源はなくても、これを輸入し優れた技術を持って短時間で高い付加価値をつけることが可能でした。バブル崩壊後からリーマンショックまでの間は、インターネットの普及やさまざまな金融商品の開発によって、実体のない世界に新たな価値を産み、富に変えて行きました。富はビジネスの仕組みを生み出すことのできる優秀な頭脳を持った一部の人に集中しました。

 この間、農業はというと肥料や農薬、育種や栽培方法、機械化などの発展によって収量は飛躍的に増えましたが、コストもその分増加しました。結局、他産業ほどの付加価値を生むことはできませんでした。農業は人の力ではどうすることもできない「自然」を相手にする産業であり、生産される食料は暮らしや命の基礎であり、安価に国民に供給しなければならないという前提があったから付加価値をつけにくかったということもあるでしょう。

 だから誰のせいでもなく、農業は他産業と比較して付加価値生産性の面で遅れをとってしまい、多額の補助金も投入されていることから成功した産業に関連する方々にとっては苦々しく感じたことでしょう。確かに農業という産業は相対的に「弱い」のです。でも捨てることはできない。だから、今も守らなければならない産業であると思います。

 ところで、その弱い産業である農業の担い手である農業者を多くの人は(他の職業に比べて)特別扱いしているように感じるのです。農業者のことを親しみを込めて「農家さん」といいますが、私はそう呼ぶことに抵抗があります。農家という表現にも抵抗があって、私はこのホームページでもあえて「農業者」という言葉を使っています。(それも良いかどうかわかりませんが。)確かに現在の日本の農業という産業の担い手の多くは家族が経営単位となる「農家」であることは間違いありません。それは、ずっと昔から変わらない構造です。現在の農業を支えている「農家さん」で本当に日本の農業という産業を守れるのでしょうか?

  農業者以外の人が農業に参入するには、まず、農地を取得しなければなりませんが、農地法やら農業生産法人の設立要件やらがあって、参入障壁は非常に高く、事業資金の調達などのリスクが大きすぎます。一方で、農地を有する農業者の子息であれば、たとえ農家を継いでいなくても、就農する意欲がなくても相続で農地取得が可能になっています。このままでは、農地はどんどん細分化され、新たな担い手もなくなれば、当然、担い手の数は減少し、高齢化は進み、生産性をあげようにも上げれない環境ができあがっていきます。意欲と資金と事業戦略がある企業の参入もなく、農業という産業そのものが衰退していくのは必至だと思います。

 かつての高度成長期には、農業よりも他の産業の方が給料も良いし、将来性もあると思われていました。しかし、バブルが崩壊し、リーマンショックで金融経済と実体経済の両方が大きなダメージを受けた今日では、究極の実体経済である農業に注目が集まっています。個人の就農環境や法人の参入環境を整えることで、農業が自律的に発展するのではないかと思うのです。その結果、もう守らなくても良い農業が実現できれば理想です。

 

 

Manga

「ブラックジャックによろしく」より 

One thought on “守るべきは農業か農家か

  1. 大石富一

    鈴木さん、自分で農業を始められたらどうですか?参入障壁は高くありませんよ。障壁と思われるところは何処なのでしょうか?

コメントを残す