Reclaim the Earth!

週末の出張

P1010240-2010-07-11-23-48.jpg

 写真は北竜町のナチュラルファーム黄倉のあぜに咲くたんぽぽ。

 今週も金曜日からずっと出張に出ていました。
 栗山町の植物育種研究所のハウスでは、タマネギの花が咲いていました。「さらさらレッド」の花です。

P1010177-2010-07-11-23-48.jpg

 普通に栽培されているタマネギは花をつけることはありませんから、珍しい光景かもしれません。ネギ坊主にたくさんの花をつけています。

P1010182-2010-07-11-23-48.jpg

P1010179-2010-07-11-23-48.jpg

P1010175-2010-07-11-23-48.jpg

 これからタマネギ育種の交配シーズンに入って、植物育種研究所の岡本社長もお忙しくなるでしょう。

P1010209-2010-07-11-23-48.jpg

 土曜日からは、農業ビジネスの視察の方に目的に合いそうなメニューをセッティングいたしましました。短い時間により多くの農業現場を見て、できるだけ多くの農業経営者の皆さんと会っていただきました。

 農業セクターは、これまで保守的、閉鎖的でした。だから利害関係者が少なく、イノベーションが起きにくい環境になっています。さまざまな職業、さまざまな立場の人たちが、多様な角度、切り口から農業を論じ、新しい価値を生み出さなければなりません。

 それ以上に、われわれ生活者みんなが農業を理解し、農業に関心を持たなければなりません。誤解や思い込み、農業に関わる一部の利権のために多くの価値が毀損されています。

 北竜町のナチュラルファーム黄倉では、JAS有機田んぼの除草作業が行われていました。JAS有機ですから除草剤は使うことができません。広い一枚の田んぼにたくさんの方が出て。雑草を1本1本取り除いていきます。ずっと中腰の姿勢で、朝から晩までぶっ続けで作業します。今年はこの作業が10日以上つづいているそうです。
 JAS有機には多くの苦労と人件費がかかります。これらの作業はたった1回の除草剤の散布で解消されるのです。
 多くの消費者は有機農業を正しく理解しているでしょうか。農薬や化学肥料、それらの使い方をどれぐらい理解して、有機のものを選択しているのでしょうか?有機農産物は農家のコストを埋め合わすのに十分な価格で流通しているのでしょうか。
 農薬や化学肥料を必要以上に使う必要は全くありませんが、慣行栽培の代わりがJAS有機規格である必要はまったくないと思います。必要な収量を確保するために最低限の農薬や肥料で栽培し、次世代に生産性の高い農地を承継するための土づくりにこそ消費者は関心を払うべきであると思います。

P1010231-2010-07-11-23-48.jpg

(ちなみに、中腰での除草作業には、腰痛予防、後背部にかかる負担軽減のためにスマートスーツをモニタリングしていただき、非常に良い結果が出ています。)

 黄倉さんは強い信念を持って、所有する一部の田んぼでJAS有機のおコメをつくっています。

P1010234-2010-07-11-23-48.jpg

 その後、岩見沢市で土耕式植物工場をダイナミックに経営されているTW北海道の宮本社長を拉致して、帯広に向かい、十勝の農業経営者との談義は深夜まで続きました。

 そして翌日、まずは北海道ホームランドを訪問、ハウス内で真っ赤に色づきはじめたイチゴをいただき、河川敷に果たされる豚を見学しました。

P1010253-2010-07-11-23-48.jpg

 口蹄疫の心配もあるので、遠くからのんびりと放牧している豚を見ます。日差しが強くなってくると豚さんたちは木陰で涼みます。

P1010275-2010-07-11-23-48.jpg

 
P1010274-2010-07-11-23-48.jpg

 カメラのバッテリーがなくなり、写真はとれませんでしたが、この後、駒畠の百姓庵でお蕎麦を食べて、K’s FARM の梶君のところに寄って札幌に帰りました。

 本州から来られたお客様には、満足いただけたでしょうか?北海道の農家も元気な方、信念をもって農業に取り組まれている方、多くの方がいらっしゃいます。
 農業は農家だけの問題ではありません。農業に関係のない業種の方も農業に関心を持ち、間接的でもいかに農業、農村を盛り上げていくかというのがこれからの課題だと思っています。

 われわれが取り組むアースカフェプロジェクトでは、生産者、消費者を巻き込んだ、農業ビジネスを提案していくつもりです。

コメントを残す