Reclaim the Earth!

人と野生動物との良い関係

上の写真は2018年7月18日の北海道新聞のWebサイトのスクリーンショットですが、札幌市内の国道沿いにヒグマが出没し、たまたま通りかかったカメラマンが撮影したとのこと。このクマは母グマで近くに子グマがいる可能性もあるとのこと。

実はこの写真が撮れれた場所は、私の自宅から数キロの地点で、よくジョギングしているところなのです。日中は車通りが多いのですが夜になると車も少なく、明かりもほとんどない場所です。走っていて、突然、クマさんに出会いたくないのでしばらくは違うジョギングルートを選ぶしかありません。

先日は自宅の外で「キャーン」という叫び声が聞こえて、窓を開けてみるとキタキツネが走っていました。札幌市内中心部にも鹿が出没したり、ヒグマも住宅が密集している場所に出没してコンポストをいたずらしている姿が目撃されたりしているので注意が必要です。

クマなどの野生動物が人里に降りてくるのは人がクマの生息地を奪っているのか、森の中のエサが減っているのかわかりませんが、人と野生動物との新たな関係を考える良い機会になるのではないかと思います。住宅街で駆除するのも危険だし、放置して人に危害が加わるのはもっと危険なことです。共存の方法はどこにあるのでしょうか?

有名な「三毛別羆事件」は大正時代に北海道の苫前で起きた史上最悪の熊害(ゆうがい)であり、吉村昭が実話をもとに「羆嵐」(新潮文庫)という作品に残しています。とても恐ろしい小説です。

農業者のところに行くと、デントコーンやビートが熊に食べられたという話をよく聞きますが、直接熊と対面した話はあまり聞きません。熊の方も人と出会うのは嫌なのでしょう。まずは熊の生態を学ぶことからでしょうか?死んだふりをしても効果はないみたいだし・・・