Reclaim the Earth!

ブランドも労働力によって支えられている

農業の話題ではないのですが、昨年、私が経営するスマートサポートという会社で、京都府の京丹後市や宮津市の特産品である「丹後とり貝」の労働軽減、軽労化に関する仕事をしました。

上の写真は、今朝、京丹後市久美浜の漁師、村岡克大さんから送られてきた久美浜湾の夜明けが美しい朝の作業風景です。夜明けとともに沖合に浮かべているイカダから吊るされたとり貝の稚貝が入ったコンテナを引き上げる作業が連日続きます。大きくて身入りの良い高品質なとり貝を養殖するためには、水温が高くなるこの時期にしっかりとメンテナンスすることが欠かせません。

しかし、このコンテナは水をたっぷり組み上げてきます。中に充填している基材を含めると30kg以上にもなります。これを毎日50個以上引き上げては再び海中に戻すという作業が繰り返されます。あまりにも苦渋な作業のため、腰痛が頻発し、疲労によって足元がふらついて落水するというこことあるそうです。

これまでに作業を自動化する機械、ロボット等も考案されたそうですが、やはり人の手での作業が一番良いということで、結局、今も苦渋作業に耐えて、素晴らしい逸品を生産されています。

京都府は、この「丹後とり貝」を地域のブランド産品として売り出したいと考えていますが、一方で苦渋労働で担い手の参入が少なく、生産者も高齢化しているのが現状です。養殖コンテナのメンテナンスが追いつかなければ品質も低下し、ブランドも毀損してしまうことになります。

農産物でも最近、労働力不足、担い手不足で地域の特産品の生産を維持するのが厳しくなってきたという話をしばしば聞きます。人手不足から手のかかる作業が少ない、コンバイン作物にシフトしているそうです。小麦や豆類は野菜に比べて付加価値が低いし、規模のメリットが働きますから、本来は人手を確保して野菜をつくった方が利益が大きくなります。

最近は、農作業のパートさんの時給も高騰しているそうです。高い人件費をかけても作業者を集めれれば良いのですが、繁忙期は他の農場も同じなので、人の取り合いになります。今後、若い世代を中心に規模拡大の動きがすすめば、人手の確保はやはり大きな課題となるでしょう。

農産物のブランディングのマネジメントも労働力をしっかりと考慮しながら実施しなければなりません。農産物のブランド化に取り組んでいるのは、自治体やJAが中心のことが多く、販売方法やプロモーション、パッケージ等のデザインばかりに気が取られ、本来の生産の持続可能性が忘れられているようにも思えます。