Reclaim the Earth!

日本農業最大の危機は「労働力不足」

 2016年度の農耕作業員の有効求人倍率は1・63倍、養畜作業員は2・34倍と、全産業平均の1・25倍を上回り、人手不足は深刻な課題だ。(日本農業新聞 2017.12.28

有効求人倍率は常時雇用の求人が対象だが、JA全中は「農繁期などだけの短期アルバイトも確保しづらくなっている」(JA支援部)とみる。(1)これまで作業を頼んでいた親族や地域の女性らが高齢化でリタイアした(2)他産業も求人を増やし時給を上げる中、代わりを見つけられない――ケースが多いという。

盛岡市の野菜農家は「募集をかけても人が集まらないという農家が多い。短期間だけ来てもらうのは難しく、コンビニエンスストアで働いた方がいいと言われる」と語る。肉体労働に加え、短期間限定で作業時間が天候に左右される農業は稼ぎにくく、敬遠されているようだ。(日本農業新聞 2017.07.30

どの産業でも人手が足りないと言われている中、農業、畜産に関しては他産業と比較しても人が足りない状況になっています。わたしのまわりでも、収穫等の一時的な作業に人手のかかる作物は敬遠し、コンバイン等の機械力で収穫可能な作物しか作れないと言われている農業者もいます。一般的に人手がかかる作物は収益性が高いのですが、播種しても収穫期の人手を見込めないなどの理由があるようです。

私はいまの農業にとって最大の危機は、農業における「労働力の不足」だと思っています。やがて、今の農業者だけでは日本の農地の生産性を最大限活用することはできなくなるでしょう。

農業の生産性は、その農地から生産される農産物の経済性で評価することができます。もちろん、農地が農地として機能していて、何らかの作物が生産されていることは重要ですが、いわゆる、補給金等を目的として播種しただけの”捨てづくり”などは、農地の機能を活かしているとは言えません。また、高い生産性がある土壌では、より付加価値の高い農産物を生産して経済的な優位性を高めるべきだと思っています。より付加価値が高い農産物とは、消費者が買い支える動機があるものであり、しっかりとしたマーケティングができている農産物のことです。量的生産性から経済的生産性への転換が必要ではないでしょうか?

では、どのような解決手段があるのでしょうか?

ひとつは、農業への参入障壁を下げることです。これについては、これまでも議論されていましたが、今の農業者で農地生産性を確保できないならば、新たな担い手に頼る以外にはありません。その担い手は新規参入者だったり、企業だったり、外国人であることもあるかもしれません。

もうひとつは、投入労働力(消費エネルギー)に対する生産性を高めることです。IT技術やロボット技術、AIなどをフル活用することです。トラクターの自動運転や作物の生育診断とドローンなどによる自動防除、自動収穫機の開発等、いま話題となっているさまざまな技術をブラッシュアップして実用化することが必要です。

そのためには、俯瞰的に農業を見ることができる「農業経営者」の育成が必須です。いま、農業をしている人のどれぐらいが、「農業経営者」といえるでしょうか?多くは「農作業者」なのではないでしょうか?また、技術開発も国や地方自治体の試験場等がリードするのではなく、民間企業の技術の移転や、ベンチャー企業の育成が必要ではないでしょうか?