Reclaim the Earth!

農産物の輸出も戦略を持って

少し前の話になりますが、台北にマーケティングに行ってきました。
突然、決めた出張ですが、エクスペディアでは簡単に安価でツアー予約できるからいいですね。札幌から台北への直行便がありますので国内出張と変わりません。

さて、台湾では今年9月22日から日本からの牛肉の輸入を承認しました。
日本でBSEが発生した2001年以来、実に16年ぶりの輸出解禁です。

ご承知のように、日本では農産物の輸出が農林水産省の重要政策になっています。台湾の親日はよく知られていますが、日本への観光客も多く、日本で食べた牛肉(とくに和牛)は台湾でも高く評価、支持されるのではないかとの期待もふくらんでいるようです。

10月に入り全国の銘柄和牛がぞくぞくと輸出を開始しました。一般的には先にマーケットに出てブランド名が周知されるということは大きなアドバンテージになります。すぐに大都市の台北の高級スーパーを中心に多くの和牛が並んだそうです。

店頭に多くの和牛ブランドも置けないので、出遅れたブランドは、実質的な値引きをして売場を確保しようとします。もしかしたら、バイヤーに何らかのインセンティブを提示しているかもしれません。こうして、あっという間に価格競争に巻き込まれ終了するというパターンです。

輸出にはさまざまな予算がついているので、畜産農家や農協といった生産者サイドの人ばかりではなく、支援と称して行政関係者や金融機関なども一緒に行って営業している事例が多く見られます。彼らは、1回の実積があれば良いので、継続的な取引きにはあまり興味がないのかもしれません。先方のバイヤーにしてみれば、冷やかしにしか見えないのでしょう。

そもそも、こぞって有名スーパーのバイヤーを詣でるのではなく、地元の食肉卸業者やレストラン等の売り先もあると思うし、食べる人に近い人とじっくりとブランディングしていくというのが基本的な戦略だと思うのです。