Reclaim the Earth!

衣食住は生活の基礎

先日、テレビを見ていたら、日本の衣料品の自給率はわずか2.8%だと言ってました。1990年頃は50%ぐらいあったそうです。わずか四半世紀の間に絶滅間近な産業になってしまったんですね。

そういえば、昔はみかけたテーラーとか縫製工場なんかは、いつのまにかなくなっていますね。ファストファッションの隆盛で同じものをたくさん生産して世界中に大量に販売するモデルが定着したことで、人件費の安いアジアの国々で大量生産して輸入しているようです。

昔から生活を支える基礎は「衣食住」といいます。
着衣によって身体を温め、栄養のあるものを食べ、雨風をしのいで安心して眠れる場所がある。これが究極の暮らしの基本ということです。
食料自給率は、このところずっと40%程度です。そして、衣類はほぼゼロ。
日本という国は、海外での生産に頼って生活の基盤を維持していかなければならないのですね。

それが、ダメだと言うつもりはありません。
何しろ、日本人の平均年齢は47歳。世界でも最も年寄りな国のひとつです。
少子高齢化が今後も進むことで、ますます老いる国になっていくでしょう。そんな状況で、自ら衣食住の生産性を高めるなんてことは、ほぼ不可能だと思います。

今後、日本は近隣の若い国からの手厚い”介護”によって生かされるのではないでしょうか?

それ以前に、もう、”国家”という枠組みは今の若い人にとっては、呪縛でしかないのかもしれません。

過去の、「●●でなければならない」的な”呪縛”に縛られることなく、現実を見つめて自由に発想することが必要だと思います。