Reclaim the Earth!

減る人口、老いる国民

上のグラフは日本人の平均年齢を示したものです。現在はおよそ47歳です。
ドイツと並んで最も歳を取っている国ということです。

国民の高齢化は、長寿化と少子化が原因です。長寿化は栄養状態や医療の発達の恩恵であり、少子化に関しては、栄養や医療はもちろん衛生状態がよくなったとか、経済が成熟してきて晩婚化したとか、先行きの不透明感から子供を持つことに消極的になったとか、いろいろ理由がありそうです。

しかし、事実として長寿化、少子化により国民の年齢が上昇し続けており、さらに人口も減少しています。
まさに、「人口減少+老いる国民」なのです。

過去を振り返れば、1960年代、日本人の平均年齢はまだ20歳代、バブルが弾けた1990年頃は37歳と働き盛りでした。人口も2010年頃までは増えていたので、「増える人口+若い国民」と思い込んでいて、そのような前提で、年金等の社会保障などの仕組みが出来上がっていました。

しかし、その前提条件はいつのまにか成り立たなくなっているのです。
つまり、社会全体の仕組みを見直さなければならなくなりました。

10年後には、若い移民を受け入れたり、空前のベビーブームが来ない限り国民の平均年齢は50歳ぐらいになっています。個人の人生設計も見直しをしなければならなくなるでしょう。