Reclaim the Earth!

講演のお知らせ

nogyosemi

 講演のお知らせです。7月22日(来週の木曜日)に、北海道大学経済学部のセミナーで講師をつとめることになりました。無料・参加自由の講演会ですので、お手すきの方はぜひお越しください。

 このセミナーは、10月16日に開催が決定している経済学部のプレゼン・ディベート大会のプレ・イベント的なもので、今年のプレゼン・ディベート大会のテーマと同じ「農業再生~ビジネスの新しいデザイン」となっています。

 農業が社会的な関心を集めていますが、その現場の状況は実はあまり知られていません。当然のことですが農業の現場の現状を把握したうえででなければ、農業再生の議論が成り立ちません。かといって、現場に配慮しすぎていてはイノベーティブな提案をすることもできません。

 農業が製造業などの他の産業と決定的に異なるところは、農地はインフラ的な要素が強いということだと思います。農地を所有するということは、農地の生産性の維持向上についての責任を担うということであり、農地の生産性、すなわち「地力」のマネジメントは短期的なサイクルで考えられず、そのコストをビジネスモデルにどのように反映させるのかが鍵となります。

 インフラの整備は、一般的には公共、つまり税金でまかなわれるものですが、公共の上に成り立つ農業ビジネスはどのような位置づけになるのでしょうか?非常に難しい問題提起であると考えています。

 農業ブームも一過性のものかもしれません。農業は消費型のビジネスとは合わないように思います。消費された分を地力として蓄えること、持続可能性が農業ビジネスを推進していくうえで不可欠ではないでしょうか。

 22日は、そんな提案をさせていただきたいと思います。

北海道大学経済学部・大学院経済学研究科では、下記のとおりセミナーを開催いたします。
総合テーマ「農業再生~ビジネスの新しいデザイン~」

日 時:平成22年7月22日(木) 15:00~
場 所:北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟W409
講演者:株式会社リープス 代表取締役 鈴木 善人
北海道大学農学研究院 教授 柳村 俊介
主 催:北海道大学大学院経済学研究科
参加費:無料 ※事前の申込は不要です。

本セミナーでは農業コンサルタント・学識経験者をお招きして、現在の農業の現状、課題等をレクチャーいただき、その後、経済学研究科教員、院生、学生によるコメントや質問を展開していく予定です。 農業経営の「今」を分析し、新たな視点から農業の可能性を探っていきます。 ※詳しくはポスターをご参照ください。

お問い合わせ先:Email sacade@econ.hokudai.ac.jp Tel.011-706-4066(塚田)

コメントを残す